レガシィ CVTのフルード交換問題

レガシィBR9のCVTモデルのCVTフルードの交換についてです。
スバルディーラーで「CVTのフルードの交換はいつぐらいにしたらいい?」と聞いたら、「CVTのフルードは無交換になっています」。あれ、そうなの?そうなんだ…。と思ってその場はそのままにしました。でも、油脂類で無交換ってありえるのか?という疑問があたまに浮かんで消えません。
気になってネットで調べてもわからず、ついにスバルのメンテナンスノートまでひっぱりだしてきて調べました。
メンテナンスノート曰く。
トランスミッションおよびトランスファ
2.トランスミッションオイルの交換
CVT車は無交換 ただし、シビアコンディションだと、4万kmで交換。
自分の場合は、記録的には1年で18,757kmだったけど、実際これは10ヶ月(11月で乗り出し、途中1ヶ月まったく走ってない。で、10月の頭で12ヶ月点検を受けた)で走ってるので、ほぼ2万km越えなんですよね…。
ということで、下記のB(走行距離大)に当てはまると思われるので、自分のレガシィのCVTのフルードは、4万kmで交換したいと思います。

シビアコンディションの条件
A 悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路等)
走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合
・運手していて体に衝撃(突き上げ感)を感じる荒れた路面
・石をはねあげたり、轍等により下回りを当てたりする機会の多い路面
・ホコリの多い路面
B 走行距離大
・1年で20,000km以上を走行する場合
C 山道、登降坂路
走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合
・登り下りの走行が多く、ブレーキの使用回数が多い場合
D 短距離走行のくり返し
1回の走行が8km以下が多い場合

カテゴリー: クルマ, メンテナンス, レガシィ タグ: , , , パーマリンク

3 Responses to レガシィ CVTのフルード交換問題

  1. ウニャー のコメント:

    私のBR9アウトバックA型も年間2.5万㎞走行しておりますが
    ディーラーでCVTフルード交換お願いしたところ
    ”この車は交換不要です。万が一トラブルがあった場合には無料保証対応します”と
    コメントをいただきました。
    なので交換不要なのでしょう・・・
    いまのところCVTのフィーリングや加速感に不満は発生していないので満足です。

    • GAKU のコメント:

      >ウニャーさん
      どうもコメントありがとうございます。
      ご本人に不満が無い状態ならいいのではないでしょうか。ただ、スバルディーラーの整備士は、メンテナンスノートの記述を読んでいない場合が多いので、そこをどう判断するかは乗り手の問題かなと思っております。実際にこないだもこのことで聞いてみたら、シビアコンディションでは交換が必要と書いてありますよ、と指摘したら「え?そうなんですか…(汗)」という反応でした。
      ちなみに交換は2万円+αほどらしいです。とりあえず、自分は交換する予定です。

  2. ウニャー のコメント:

    お返事ありがとうございます。
    交換されたら、フィーリングがどう変わった・・・・と
    ブログに書き込みを勝手に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です