アウトバックのパンク修理顛末

先日、仕事場から帰ろうとクルマに近づいた時に違和感を感じました。タイヤの所に、光るものがみえた。あ、もしかしてタイヤのトレッドに石でもはさみこんだのだろうかと、よく見てみると…。

アウトバック 左前タイヤ

アウトバック 左前タイヤ


なんと、プラスねじがタイヤにめり込んでいるではないですか!パンクだこれ!!
ねじ

ねじ


別角度から、ぎりぎりトレッド部。サイドウォールにかなり近いです。変なところでねじを拾っていることがわかります。
これではいつ空気が抜けてもわからないので、残業を切り上げてディーラーへ持っていきました。
ねじを別角度から

パンク修理後


パンク修理は、1,696円でした。空気圧は前が2.3、後ろが2.2とのこと。
注意点としては、場所が場所だけに経過観察が必要ということだったので、この1週間後にまた見てもらい行きましたが、空気が抜けてなかったので安心。まだしばらくは(1万kmぐらいは)このタイヤが持って貰わないと財政的に困ります。

カテゴリー: OUTBACK, クルマ, メンテナンス タグ: , , , パーマリンク

2 Responses to アウトバックのパンク修理顛末

  1. ゼブラ のコメント:

    溝が残ってるタイヤに限って何が刺さる。これもまた真理ですな。

    • GAKU のコメント:

      ぜぶさん
      そうなんですよ。やれやれです。タイヤサイズも18インチなので高いのし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です