R1200GS 契約に向けての障害 それは消費税増税!

前回、いきなりのBMWディーラーからの葉書と封筒攻撃があったので、とりあえず担当のMさんに電話で話を聞いてみた。
Mさん「電話ありがとうございます。入荷の件ですよね。実は連絡の通りになってしまって、こちらともしても大変申し訳なくおもっております。そこで是非お話がありますので来て頂けませんか。こちらが伺ってもかまいません」
GSの納期説明はこないだまで「消費税増税までなんとかなるでしょう。1~2月かな?」と言っていたディーラーの話を信じていたので青天の霹靂だったのだ。おいおい、9月に発注してこれかよと、さすがにがっくりきた。
自分「じゃあ、とにかく早いうちに行きますよ」
ってことで、12/25に行って話を聞いてきた。ちなみにこの日はスタッドレスタイヤの付け替えもしたので大変忙しいことになった。
ディーラーにお邪魔すると、早速Mさんから説明があった。
「このたびは大変もうしわけございません。うちとしてはこういった方法で対応したいのですが…」
みると、そこにはGS純正のトリプルパニアセットが!
聞くと、3000km走行の極上中古とのこと。これを安くするので、その分で消費税分は勘弁してくれないかという話だった。もちろん、GSが間に合えばそれはそれでこのパニアセットも安い値段で売るとのことだった。(あとでよくよく確認したら、このオーナーさんからの委託販売だったようだ)
とりあえず、その箱つけての算出で見積もりだしてもらって、この日は終わった。
この調子とディーラーの雰囲気だったら、どうやらGSの納車は4月になるなあ。ZZR1200の行き先も不透明で落ち込む年末の日々だ。

カテゴリー: BMW, R1200GS, バイク, 契約 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です