防水カメラ Optio W20発売

ペンタックスオプティオ W20【税込】 OPTIO-W20 [OPTIOW20]
僕が愛用している防水デジカメPentax OptioWPiの後継機がでました。(後継機といっても2世代も経ちましたが…。)
ISO1600設定や、手ぶれ軽減機能、また記録解像度が上がり、SDHCメモリーカードに対応した点などは着実な改良点として評価できます。
バイクツーリングや野外の現場作業などにオススメですよ。
詳しくは↓に。

ペンタックスは、防水/防塵コンパクトデジタルカメラ「Optio W20」を、9月上旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は4万円前後の見込み。
 3月に発売されたOptio W10の後継機種。本体のみで水深1.5mで連続30分間の水中撮影が可能。JIS保護等級8級の防水性能と、JIS保護等級5級の防塵性能を備える。
 W20では、新たに「ぶれ軽減モード」を搭載。被写体の明るさに応じて最高ISO1600まで増感することでシャッタースピードを上げ、手ブレと被写体ブレを防ぐ。また、撮影状況をカメラが判断して「風景」、「ポートレート」、「夜景」、「標準」の各撮影モードを自動的に切り替える「オートピクチャーモード」も搭載された。
 撮像素子は1/2.5型有効700万画素CCDを搭載。W10の600万画素から向上し、最大記録解像度は3,072×2,304ピクセルになった。さらに、SDHCメモリーカードに対応した。
 人物の顔を検出してピントと露出をあわせる「顔認識AF&AE」、動く被写体にピントを合わせ続ける「自動追尾AF」、動画撮影時の手ブレを電子的に補正する「動画手ぶれ補正機能」、「削除画像復活機能」、電源OFF時に液晶モニターに時計を表示する「スタイルウォッチ」などは、W10から引き続き搭載される。
 レンズは35mm判換算焦点距離が38~114mm、F3.3~4の屈曲光学系を採用した光学3倍ズームレンズ。レンズ構成は片面非球面レンズ1枚、両面非球面レンズ2枚を含む、9群11枚。最短撮影距離は0.4m、MF時とマクロモード時は0.01m。
 感度はISO64~1600。動画は最大640×480ピクセル、30fpsで、Motion JPEG形式。
 2.5型約11.5万画素のTFT液晶モニターを搭載。記録媒体は約21.9MBの内蔵メモリとSD/SDHCメモリーカード。電源はリチウムイオン充電池。CIPA準拠の撮影可能枚数は約240枚。
 本体サイズは106.5×23×54.5mm(幅×奥行き×高さ)、電池とSDメモリーカードを含む重量は150g。
■ お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.03-3960-3200
  Tel.0570-001-313
 
■ URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.pentax.co.jp/japan/news/2006/200635.html
  製品情報
  http://www.digital.pentax.co.jp/ja/compact/optio-w20/feature.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2006/08/08/4381.html
より引用

カテゴリー: デジタル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です