西尾維新 刀語-カタナガタリ-

西尾維新の新たな試みである大河ノベルズ、なんと12ヶ月連続刊行というから驚きだ。普通の作家だと尻込みしてしまう企画だが、筆が速い西尾維新だからこその技か。
現在第二話まで出ているが、どうしても物語の密度が薄いのは否めない。が、だからといってまったく駄目ではないのは西尾維新が経験を積んだ証ではないだろうか。いまの所、平均的なおもしろさといった所で、物語の全体の構成から言うと序盤も序盤のためわざと押さえていると好意的な見方もできる。
ファンとしては今後に期待しておこう。

刀語 第一話 絶刀・鉋
刀語 第一話 絶刀・鉋 西尾 維新 take

講談社 2007-01-10
売り上げランキング : 1121

おすすめ平均 star
star大河ノベル
starシステムとしての生産活動にしても酷いかな…
star刀がぽろっと・・・

Amazonで詳しく見る by G-Tools

刀語 第二話 斬刀・鈍
刀語  第二話  斬刀・鈍 西尾 維新 竹

講談社 2007-02-02
売り上げランキング : 213

おすすめ平均 star
star「西尾維新中毒」
star薄い。内容も。
star今後の展開やいかに。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー: 読書 パーマリンク

1 Response to 西尾維新 刀語-カタナガタリ-

  1. 西尾維新について
    西尾維新西尾維新(にしお いしん、1981年 – )は、日本の作家。推理小説|ミステリーやライトノベルに属する作品を、主に著している。立命館大学中退。デビュー当時20歳だったことから「京都の二十歳、西尾維新」と呼ばれた。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です