新旧比較R1200GSのエンジン周り

フリーマン福岡本店に行ったついでに撮影してきました。
空油冷のR1200GSと空水冷のR1200GSのヘッド周りの比較です。新型の空水冷になってからずいぶんとすっきりしたと評判ですが、実際に写真で比べてみましょう。

旧型のR1200GS

旧型のR1200GS


新型のR1200GS

新型のR1200GS


はい、明らかに新型のほうがすっきりしてますね。これはエアをどうエンジンに導くかというところで大きな差がでているからですね。旧型は後ろから入れて、前に出しています。新型は上から下へ導いてますので、エンジンのヘッドの後ろ側にでっぱりがないんですね。周りの配線も心なしかすっきりしています。
ただ、エンジンヘッドの耐久度は圧倒的に旧型が優れているそうです。たとえ転かしても旧型だと材質が固く重いため、傷がつくだけだけど、新型は軽くするために材質ももろいそうで、割れてしまうと聞いています。
エンジンガードはどちらにしても必須ですね。

カテゴリー: R1200GS, バイク タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です