バイク用シートメーカー K&H(ケーアンドエイチ) BMW R1200GS ローシート

BMWバイクジャーナルVol.35で特集してあったR1200GS用のローシートに目を惹かれた。
これはとても良さそうだ。
現在、純正のローシートを予定してるけども、やはり足を下ろすときに内側にあたる感じは否めないので、これを採用したいと思った。
K&H製ローシート 価格54,600円 特徴としては、純正よりも-4cm下がるのとシート幅を詰めてくれているところ。
正直、純正ローダウンシート(36,750円)は単に座面の中央のスポンジを抜いただけという感じなので同じお金を出すならこっちのほうがいいと思う。画像をみても仕上げの良さが伝わってくるのは魅力だ。

K&H社製ローシート

K&H社製ローシート


画像は K&HさんのHPから拝借させていただきました。

商品番号:S-3201 (商品番号)
ローシート(商品名)
¥54,600
(本体価格 ¥52,000)
商品紹介
シート高は、BMW純正シートから-40mmとなっています。
弊社製シートはシートベースから全て専用設計しております。
サイズダウンした専用の前側取り付けゴムブッシュと交換してからシートを取り付けます。
これによりシートベースを車体側ぎりぎりまで寄せられ、足を下ろす部分や前側に着座する部分に十分なスポンジ厚を確保出来ています。
足を下ろす部分のシートベース幅はフレーム幅ぎりぎりまで細くなっていますが、着座する座面部分の幅は広く取っておりますので、乗り心地の良さと足つきの良さを両立し、長距離でも快適なシートに仕上がっています。
日本標準仕様の純正シートより40mmシート高が低くなっていますので、シートの形状とも相まって足つきも良く車体を支え易くなります。
足を下ろす際に阻害する物が無く、足を真っ直ぐに下ろすことが出来るようになります。
咄嗟のときにも瞬時に足をつくことが出来るようになり、テレレバー特有の車体停止時の急なふら付きにも有効です。
純正シートは前傾斜が強く、長時間走るとどうしても一番低い位置に着座しがちになります。
後ろ上がりの座面で尾てい骨辺りに痛みを感じる事もあります。
弊社製シートでは、純正シートから座面の傾斜を見直すことにより、前後着座位置に自由度が増しています。
乗車位置、乗車姿勢も適正となり、長距離での身体の負担を軽減します。
小柄な体型の方やタンデムの機会が多く、足つきに不安のある方にもお勧めです。  ⇒⇒⇒ 製作記を見る
●シート高:
BMW純正シート   850 / 870 mm
弊社製ローシート   810 / 830 mm
ローダウン仕様車      790 / 810 mm
ローダウン&ローシート  780 / 800 mm
ノーマルシートに準じた2段階の高さ調整が可能です。
日本標準仕様の純正シートより40mmシート高が低くなり、足つきが良くなります。
http://www.kandh.co.jp/shop/shop/detail.cgi?code=S-3201

カテゴリー: R1200GS, パーツ, バイク タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です