2014GW九州ツーリング 第四日目後半その2

南阿蘇グリーンロード抜けたところ

南阿蘇グリーンロード抜けたところ


南阿蘇グリーンロードを気持ちよく走ったら、次に目指したのは道の駅大津。いつもは混んでるから寄りたくない場所だが、最終目的地である<ラピュタの道>へのルート上で具合がよかったのだ。
馬ホルモン定食

馬ホルモン定食


熊本以外では滅多に目にすることはない馬ホルモン!始めて食べた。美味しい。牛とは違った味だけど、なんと表現していいか迷う。牛よりコクがある感じかな…。
颯爽!どららぱぱ

颯爽!どららぱぱ


さて、道の駅大津を出て、ミルクロードを走る。ラピュタの道は行ったことなかったので、どららぱぱに先導をお願いする。(地元になのにね)
さすがにGWなので、前にずっと車がいる状態でまったりと走る。
ラピュタの道に到着!ここか…まったく来たこと無かった。たしかにすごい景色だ。
ラピュタの道周辺風景

ラピュタの道周辺風景


正面の風景

正面の風景


くねくね道

くねくね道


良い岸壁

良い岸壁


どうやら一番の撮影ポイントはすでに先客に押さえられていたので、下の広場までみんなで下りた。
少し広い場所

少し広い場所


せっかくなので、ここをベースにして下まで下って帰ってくることになった。
R1200GS

R1200GS


たまには愛車を撮影。
よく見るとトップケースに鍵を差しっぱなしになっていた。(汗
そこに突然の牛が!
ドナドナ~

ドナドナ~


あ、牛だ

あ、牛だ


悲しみの目

悲しみの目


さようなら…

さようなら…


どららぱぱ

どららぱぱ


まずはどららぱぱ!
noja君

noja君


次はnoja君。
もう1枚noja君

もう1枚noja君


ちょっと気に入ってるカット。
としださん

としださん


次はとしださん。
たつや

たつや


高所恐怖症のたつや。完全にやられていた。
なみへー

なみへー


なみへー。
撮影は南部君

撮影は南部君


実際、ここの道のコンディションは悪い。舗装が禿げているところが多くガタガタになっていた。ちなみにスクーターの地元の人がすごい速度で駆け下りていた。ジモピー最強だな。
GAKU

GAKU


実は一番最初に走ったのよね、俺。ってことで撮影会終わり。結構盛り上がったな。次回はこういう撮影会的なものを取り入れていいかも。タダでさえ走りすぎと言われているからな…。
あ、空になってる…

あ、空になってる…


そして、すべてが終わっていた…。美味しく頂いてあげたい。阿蘇の赤牛食べたい。って、本当にそうかどうか不明だが。
下で撮影会を終えて、上の駐車スペースにバイクを移動して全景を見ることにした。
隙間に停めた

隙間に停めた


ちなみにこの後、他の車が増えてなかなか大変になった。
外輪山の一部

外輪山の一部


歩いて先っぽまで行ってみる。結構な観光名所になっているみたいで人がひっきりなしで来るが、たしかにそれだけ価値ある景色と思う。
集合写真

集合写真


ここでまた集合写真。どららぱぱ撮影。丘の上に立つ我ら。
地層

地層


おまけ。誰も見てないだろうけど、火山灰の地層。さすが阿蘇だ。
ラピュタの道を堪能して、ミルクロードに戻り北上する。今度のはマゼノミステリーロードを走るのだ。ここも自分が走ったことないから、どららぱぱに任せた。ぱぱのNinja1000の前のセダンが馬鹿速くてずっと後ろを走った。しかし、あれは飛ばしすぎだろう…。
バイク集合写真

バイク集合写真


マゼノミステリーロードからR212に合流して、北上をする。道の駅小国に到着して、ここでみんなとお別れとなった。本当にお疲れ様!
また走りましょう。
長らく書いてきたけど、これで2014年GWツーリングツーリングレポートは完結です。
読んでくれた人、ありがとうございました。

カテゴリー: BMW, R1200GS, オフ会, ツーリングレポート, バイク タグ: , , , , , , , パーマリンク

2 Responses to 2014GW九州ツーリング 第四日目後半その2

  1. どららぱぱ のコメント:

    超大作おつかれさまであります!
    走行シーンの写真良いですねぇ。来年の企画にもお願いします!
    秋吉台の走行シーンとか良さそうじゃないです?(ボソッ

    • GAKU のコメント:

      どららぱぱ~ いつもありがとうねー。
      お互いに4月からずいぶん遅れて完結しましたが、良い記念になりますな。
      次もまた楽しみましょう。
      秋吉台かー鍾乳洞観光するかい?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です