入院記 2019/01/24(木)

2019/01/24(木)
転科に伴い部屋が移った。同じく個室で良いのだが、部屋の片隅、ベッドの横に柱が出っ張っている。
構造上仕方ないのだろうが、前の部屋に比べてあきらかに狭くなっている。
朝、看護師さんに言って、ベッドの柵を1つ取ってもらう。
ランタスXR40単位のみ。
朝食
米飯150g
牛乳200ml
キャベツと切揚げの味噌汁
エビ団子と野菜の煮物
小松菜の和え物
ふりかけ

2019-01-24 朝食


10時 形成外科の処置は病室で直接、H先生が行った。
先生によると、手術して開けた患部は想定した中では一番マシな状態だった。
わずかに残った壊疽部をメスで除去した。
昼食前に血糖値が高かったので、ノポラビットを2単位打つ。
昼食
米飯150g
さわらの幽庵焼
付)人参きんぴら
野菜炒め
ほうれい草の胡麻味噌和え

2019-01-24 昼食


14時 リハビリ。新しい担当は男性。しっかりしていそうな感じの人だった。
左肩については、時間がかかりそうですとの見立てだった。
左肩を痛めているせいで、測定したら左の握力が34しかなくて、女子かよ!!とショックを受けた。ちなみに右も45kgとすごく落ちている。退院したら身体を鍛えると固く誓う。
点滴は、医療用医薬品 : ラクトリンゲルM。
15時30頃に妻が来てくれた。
夕食前の血糖値175だったが、先生は180超えないとOKとのことなのでノポラビットはなしになった。
夕食
米飯150g
焼き肉
付)インゲン
南瓜の煮物
ハムサラダ

2019-01-24 夕食


点滴:セファゾリン
細菌の細胞壁合成を阻害し細菌を殺すことで抗菌作用をあらわす薬
20:45 点滴終了。開放感がある。寝るときに点滴しているのはプレッシャーだった。
術後のため血糖値を下げる服薬をしていないせいか、血糖値が高い1日だった。

カテゴリー: 入院 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です