ヘルシア教

花王、「ヘルシア」の体脂肪低減メカニズムをカテキン学会で発表
2005年 6月10日

花王は、高濃度茶カテキンが、食事で摂った脂肪を燃焼しやすくすると共に、食後のエネルギー消費を上昇させる作用があることを12人の試験で見いだした。高濃度茶カテキンは同社トクホ茶飲料「ヘルシア」の有効成分。「体脂肪が気になる方に適する」というトクホ表示効能のメカニズムを解明する研究の一端だ(関連記事1)。2005年6月5日から6日に横浜市で開かれた日本カテキン学会で発表した。
(日経バイオテク・オンラインから)
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/wcs-bun.cgi?ID=379873&FORM=biztechnews

昨日も書いたけど現在、できるだけ水とヘルシア緑茶を取るようにしている。ニチエーで1Lサイズのヘルシア緑茶を買いだめて大体1日1本(1L)飲んでいる。成分的には1日当たり350mlを飲めば良い、つまり多飲しても効果があがるわけではないというが、習慣づけのために飲んでいる。
世の中には科学的根拠もよく分からないような、いかがわしいダイエット食品が多い。
記事にあるように、ちゃんとした学会でカテキンの効用の研究が、もっと進めばいいと思う。

カテゴリー: 雑学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です